駐車禁止区域の確認

LINEで送る
Pocket

駐車禁止区域の確認

道路交通法第44条で定義されている駐停車禁止の場所は以下である。

  1. 駐停車禁止標識や標示のある場所
    (路肩縁石部分が黄色の場所も含む)

    駐停車禁止標識のイメージ

  2. トンネルの中
    トンネルのイメージ
  3. 交差点とその側端から5m以内の部分
    交差点のイメージ
  4. 道路のまがり角から5m以内の部分
    道路のまがり角のイメージ
  5. 横断歩道、自転車横断帯とその側端から前後に5m以内の部分
    横断歩道、自転車横断帯のイメージ
  6. 安全地帯の左側とその前後10m以内の部分
    安全地帯のイメージ
  7. バス、路面電車の停留所の標識板(標示柱)から10m以内の部分
    バス、路面電車の停留所のイメージ
  8. 踏切とその側端から前後10m以内の部分
    踏切のイメージ
  9. 軌道敷内や坂の頂上付近や勾配の急な坂道
    坂道のイメージ

※ 日曜休日などの駐車禁止が解除されている区域であっても12時間以上(夜間は8時間以上)駐車し続けることにより、自動車の保管場所の確保等の法律(車庫証明)違反となることがあります

標識の有効範囲

駐車禁止の標識は知っていても実際に駐車する場所が駐車禁止区域かどうかを見極めることができる人は意外と少ない。実際に駐車する時の為にもいくつかのチェックポイントを再確認しておきたい。

  1. 標識の下にある範囲を示す矢印
    右向きのときはその場所から標識の交通ルールが始まり
    左向きのときはそのの場所で標識の交通ルールが終わる
  2. 交通ルールが適用されている区間内であっても、しばらく標識のない場所もある
    (駐車場所の前後数百メートルの標識を確認してから駐車するとよい)
  3. 複数の標識によりわかりにくい場合もあるので注意が必要
    意識し慣れることで理解は容易である
  4. 頻繁に利用する無料駐車スペースであっても、交通ルールが変更されることがあるので利用前には駐車禁止区域でないかを必ず確認する
    ※標識がなく、かつ前項の駐車禁止区域に該当しない場合でも路上には駐車しないほうが無難である

東京に限らず全国の交通ルールや道路状況は日々変化しておりますので必ず駐車スペース周辺の交通ルールをご確認の上駐車してください。

LINEで送る
Pocket

無料駐車場検索サイト